yggヤナガワステーブルにて放牧中。ウォーキングマシン運動、ダクで体を解した後、1ハロン20秒程度のキャンター3200mのメニューを消化。特に治療が必要な状況ではなくなっているので、少しペースを上げてキャンター調教に移行している。しばらくはこのペースで乗り込みを続けて、トモの状態をうかがっていくことになるだろう。今後のためにも、しっかりと筋肉を付けていくことを意識して乗り込んでいきたい。
(YGGオーナーズクラブより引用)

トモの筋肉の疲れも解消し、これからはピッチを上げ、帰厩に向けて進めていってもらいたいです。