グリームロータス
厩舎にて調整中。19日に帰厩し、南Aコース中心に時計にならないところで乗り込む。トモの方は以前に比べ、だいぶしっかりしてきた。馬体の大きさは変わらないが、ゲート試験に臨める体格になってきたのではないか。まずはゲート試験合格を目標に、週末あたりから練習を始め、タイミングを見て試験に臨みたい。

スイーツビュッフェ
厩舎にて調整中。北Cコース中心に時計にならないところで乗り込む。レースを終えてから緊張感が解れたせいか、ダクの時など、少しトモにかったるい動きを見せるようになった。なので坂路には入れないようにして、電気を当て、乗り進めて様子を見ている。当初、東京競馬への出走を意識していたが、もう少し様子を見てから判断したい。

クワイエット
厩舎にて調整中。坂路コース中心に乗り込まれ、20日は15-15程度の時計を出し、23日に追い切られる。飛節部分の怪我は、しっかりと治療できたことで順調な回復を見せている。今週の追い切りは、テンションを考えながらのもので、無理をさせていないが、良い動きを見せていた。この調子なら来週の出走に向け、態勢は整うだろう。2/3 京都5R 3歳未勝利 牝馬限定 芝1600m戦に出走を予定している。
【調教時計】
1/20 助手騎乗 栗東坂路コース 良馬場 4F 59.8 44.3 29.7 15.5 馬なり余力
1/23 助手騎乗 栗東坂路コース 良馬場 4F 52.7 38.8 25.2 12.6 一杯
(YGGオーナーズクラブより引用)

ホーリーライン
1/27 東京・3歳未勝利(ダ1400m・牝)O.マーフィー騎手
20日、Wコースで3ハロンから1.2秒先行して併せ、41.9-12.9を馬ナリ、23日、Wコースで4ハロンから54.6-40.3-13.4を単走で馬ナリ。この中間、時折イライラしている様子が馬房内で目についた。馬がレースが近いと分かっているので、飼い葉食いが細く、体つきはギリギリのライン。素質や地力の高さは間違いないが、ホリラの場合、心身ともにもう少し成長を促す時間が必要かも知れない。今週の追い切りもサラッと単走の内容だったが、マズマズ動ける態勢にはある。積極的にポジションを取りに行ける鞍上なので、前々から粘り込むような競馬をしてもらいたい。
(ノルマンディーオーナーズクラブより引用)

グリームロータスがやっと再入厩。前回の入厩時は、ゲート試験すら受けさせてもらえない力不足な状態で、そこを改善して、やっと再入厩のお声が掛かりました。まずは試験に合格することが第一ですね。

スイーツビュッフェのレース後の状態は、やはり少し疲労があるようですね。前走の走りから、東京でこそ、力が発揮できると思っているので、何とか体調が戻ってきて欲しいと思います。

クワイエットは来週の出走予定ですね。京都に替わり、前走の様な走りをすれば、勝機はあると思います。あとは気性がデリケートなので、スタートなどで前の馬のキックバックに嫌気がささないかが鍵ですね。

ホーリーラインは調教師から「ホリラ」と呼ばれているんですね。一瞬、何だこれ?と思いました^^汗 鞍上はAJCC、メートルダールで勝ちに徹したO.マーフィー騎手だし、ルメール騎手に果敢に競っていきそう。一戦一戦がこの馬にとって全力なので、これで勝利を決めてもらいたいです^^汗