オルダージュ
11/17 福島・2歳未勝利(ダ1150m)木幡巧也騎手 結果4着
手前替えがスムーズでなく、普段の調教から取り組んでいたので悔しい結果だった。自信があったので、
やり切れない気持ちはあるが、力のある馬だから、次に期待したい。脚元や馬体に問題はなく、まずは
レースの疲れをとり、中山三週目を目標に進めていきたい。美浦トレセン
次走予定 12/15 中山 2歳未勝利(ダ1200m)戸崎圭太騎手

サゼラック
角馬場でダクと本馬場でキャンター1600mを2セット(上限20秒ペース)のメニューで調整中。レースに
よるダメージが殆ど無かったため、週明けから徐々にピッチを上げている。馬っぷりや動きは決して悪く
なく、全体的な緩さが払拭されれば変わってくるのではないか。28~30日頃に笠松に入厩予定と聞いて
いるので、送り出しに向け、このまま進めていく。松風馬事センター 513kg

ホーリーライン
8日、Wコースで3ハロンから0.6秒先行して併せ、40.0-12.9を馬ナリ、22日、坂路コースで4ハロンから
1.3秒追走して併せ、51.8-37.6-25.2-13.0を一杯。3頭併せを追走する形で最先着。まだトモは緩いが、
スッと反応できていいスピードを持っている。動きが上向き急上昇している。もう1~2本速めをやれば
息遣いも良化してくる見込みで、除外でスライドすることも想定し、早ければ来週12/01、中山・2歳
新馬(ダ1200m・牝)から投票を考えていく。美浦トレセン

ガルラバン
馬場1周と坂路2本を18秒ペース(週2回は15秒ペース)のメニューで調整中。先週同様、コンスタントに
15-15を消化しながら進めている。左飛節にやや疲れが窺えるが、触診反応や歩様の乱れはない。
ペースアップを図ったことにより、馬自身きつくなっている頃だろうが、ここを乗り切れば更なる体力、
筋力アップに繋がってくるはず。20日に調教師が来場し、馬体と歩様のチェックをおこなっている。
ノルマンディーファーム小野町 550kg
(ノルマンディーオーナーズクラブより引用)

20181123スカイファルコンスカイファルコン
火曜日は前日の雨で馬場状態が渋かった事もあり、
3F 45、それ以外の日は17/F 2400mのキャンターでの
調教を行う。性格が真面目で、調教はしっかり取り組ん
でおり、多少調子は上がっているが、馬体の張りとトモ
周りのパワーはもう少し欲しいところ。性格が大人しく、
乗りやすい馬だが、もう少しピリピリしたところが出て
くると調子がもっと上がってくるはず。それらを課題に
調教を積み上げて行くようにしている。以前軽い疝痛があってからその後はないが、さく癖が少しあるのでガスが溜まらないよう注意している。馬体重463kg
(ワラウカドより引用)

オルダージュは、放牧を挟まず中山で続投予定。騎手も戸崎騎手に乗り替わりのようです。

サゼラックは、新天地の笠松で再起を図るが、もっと馬体を絞らないと厳しいと思います。

ホーリーラインは、ここに来ての順調モード。調教タイムも良いので、クワイエット同様、楽しみな一頭。

ガルラバンは、調教師の確認があったので、何かしらの指示があったと思います。
まあ、入厩にはまだ時間が掛かると思いますが・・・。

スカイファルコンは、写真を見るとだいぶ腹回りがふっくらしてきました。
まだ足りない部分が多く、調教師から当分お声はかからないかな・・・と思います。