おきらくごくらく日記

一口馬主のノルマンディーオーナーズクラブ、ワラウカド、YGGオーナーズクラブの会員です。 主に出資馬のことについてつぶやきたいと思います。

オルダージュ未勝利戦4着
11/17 福島・2歳未勝利
(ダ1150m)木幡巧也騎手
結果4着
逆手前で走るため、
コーナーで外に膨らみ、
直線は伸び切れなかった。
手前チェンジを何度もし、
ロスが多過ぎた。
少し不器用な面があるの
かもしれない。
スタートはポンと出て、
具合も良かっただけに、もったいない競馬になり申し訳ない。(騎手談)
(ノルマンディーオーナーズクラブより引用)

本当、スタートは良かったです。ただ、人馬ともに未熟さが浮き出てしまった感のあるレースでした。

逆に上手だったのは、優勝馬メイショウゼッケイに騎乗した荻野琢真騎手。
終始、オルダージュにピッタリくっ付いて、マークしていましたね。

まあ、自分の中では期待もあったけど、この結果は想定内。掲示板さえ外さなきゃ、良しとします。
今後、一旦外厩に出して、リフレッシュするか、それとも12月の中山か中京に登録するか、
調子が良いのなら、もう1戦して欲しいのが本音ですけどね。

サゼラック
これまでの戦歴および現状を踏まえ、調教師と協議をおこなった結果、ここで中央競馬登録を抹消して
地方競馬に移籍することに決定。13日、松風馬事センターに移動しており、今月内に笠松競馬場・栗本
陽一厩舎に入厩予定。なお今後について、笠松競馬・栗本陽一厩舎から始動して、採算性等を考慮した
運用継続(規定の条件を満たした際のJRA再登録を含む)をおこなう。

ホーリーライン
松風馬事センターで調整され、10日に帰厩。15日、坂路コースで4ハロンから0.2秒追走して併せ、
55.6-39.3-25.0-12.3を末強目に追い切る。乗り役が仕掛けてからの反応は素早かった。前回入ってきた
感じから、やれば動くタイプなのは分かっていたし、走りに対して前向きな点にも好感が持てる。
ただ、トモはまだ非力で脚元もだいぶ水っぽい。ここにきて馬体がグンと成長している過程を見ても、
あまり焦ってやらない方が後々の結果を求められるタイプに思える。5回中山開催の1、2週目あたりを
デビュー目標に調整する。

ガルラバン
馬場1周と坂路2本を18秒ペース(週2回は15秒ペース)のメニューで調整。坂路の本数を増やして
からも問題なく対応できており、今週から週に2度15秒ペースでの追い切りも開始している。これから
気温の低い日が多くなり、体も絞りにくくなるが、ここまで体力強化を目的に乗り込んできたので、
追い切りを消化し、攻め込んでいける状態になっているので、入厩へ向け進めていけるはず。
来週以降も同様のメニューで調整していく予定。ノルマンディーファーム小野町 554kg
(ノルマンディーオーナーズクラブより引用)

スカイファルコン
週末、4F 57での調教。他の日、F17で2400mの乗り込みを行う。先週から大きな変化はないが、
体調は安定しており、順調に調整出来ている。もう少し動きの大きさが欲しいが、その辺りを意識して
調教を進める。調教師より再入厩の指示はないが、強弱を繰り返しつつ馬体強化を進めていく。
リバティホースナヴィゲイト
(ワラウカドより引用)

オージーカンパニーの2017
ナンの2017

本馬の馴致状況は馴致も進み、馬房内での騎乗訓練、ロンギ場での旋回運動を15分程度、
放牧地を使ってのドライビング訓練などを行ってきました。
今週末から来週頭にかけて順次騎乗馴致に進みます。
(ワラウカドより転載)

サゼラックは、やはり話し合いが行われ、地方競馬へ移籍、笠松へ転厩となる運びです。
レース頻度が多くなり、体も絞れ、課題点は克服されると思いますが、果たして結果はどうなるのか?

ホーリーラインは、12月の中山デビューを目標に仕上げに入っています。
終いのタイムも良いので、伸びがありそう。まだ課題点はありますが、先が楽しみです。

ガルラバンも、急ピッチで入厩に向けて、ペースが上がっているようです。
馬体重が554kgと、まだまだ絞らないといけませんが、キツイ調教に付いていけてるので、
結果が伴ってくるとありがたいのですが・・・。

スカイファルコンは、まだ調教師のお声が掛からないので、待ち遠しいのもありますが、
本調子までは足りないのでしょうから、焦っても仕方ないかな・・・といった感じですね。

クワイエット
厩舎にて調整中。Cウッドチップコースや坂路コース中心に乗り込まれ、11日にウッドコースで
5ハロン69秒3という時計を出し、15日は坂路で追い切る。先週末は初めてウッドで時計を出し、
今週は坂路でテンから飛ばしてびっしりと追い切った。ラストは止まってもいいくらいに行かせ、
終い13秒0と踏ん張る。デビューに向け調教を強めているので苦しいかもしれないが、飼葉食いは
落ちてなく、カリカリしたところも見せていない。
12/1、阪神5R 2歳新馬 芝1600m戦でデビューを予定。
【調教時計】
11/11、助手騎乗 栗東Cウッドチップコース 良馬場 5F 69.3 54.5 41.1 13.1 馬場の7分どころ 馬なり
11/15、助手騎乗 栗東坂路コース 良馬場 4F 52.2 38.9 25.8 13.0 一杯
(YGGオーナーズクラブより引用)

オルダージュ
11/17、福島・2歳未勝利(ダ1150m)木幡巧也騎手
11日、坂路コースで4ハロンから併せ、60.6-42.3-27.3-13.5を馬ナリ。14日、坂路コースで4ハロンから
併せ、53.2-38.3-24.5-12.3を馬ナリ。古馬を相手の追い切り。55-40くらいのペースでと指示を
出したが、自然とスピードに乗り、持ったままの手応えという満足いく内容だった。前走からここまで
思っていた通りの調整ができ、マイナスの要素はない。具合がいいのは間違いなく、あとはそれを
レースでしっかり発揮するだけ。フルゲートで権利持ちの頭数も多いが、堂々と向かっていく。
(ノルマンディーオーナーズクラブより引用)

ともに順調な2頭ですね。クワイエットは阪神のマイル戦でデビュー予定。
短距離戦ではなく、先々を見据えてのレース選びのようですね。好走したら春の牝馬戦線も楽しめます。

オルダージュは、良い手ごたえでレースに臨めそうです。相手は前走より強くなりそうですが、
調教タイムも抜群なので、期待が高まります^^汗



yggグリームロータス
ヤナガワステーブルにて放牧中。ウォーキングマシン運動、
ダク1600m、1ハロン18~23秒のキャンター3200mの
メニューを消化。毎日、ハロン18秒までピッチを上げるように
して、トモの良化を促している。トモの力強さは変わってないが、
ひと回り成長してきたように感じる。この放牧中に馬体も大きく
なってくるのではないか。

スイーツビュッフェ
ヤナガワステーブルにて放牧中。ウォーキングマシン運動、ダク1600m、1ハロン18秒程度の
キャンター3200mのメニューを消化。良い調子で乗り進めることができていて、いつ帰厩の声が
掛かっても大丈夫な状態。近いうちに帰厩させたいとのことなので、引き続き準備を進めていく。
飛節を含めて、馬体面での不安は払拭されている。
(YGGオーナーズクラブより引用)

先週とあまり変わらないコメント。この2頭は年内のデビューは厳しそうですね。
ヤナガワステーブルは坂路が無いようなので、あまり有意義な調教は出来ていなさそう。
入厩してすぐデビューという訳にいかなそうなので、スイーツビュッフェに関しては、ちょっと誤算
だったかな・・・と思っています。

私の予想
スプリンターズS : ナックビーナス 0点
秋華賞 : ミッキーチャーム 3点
菊花賞 : ジェネラーレウーノ 0点
天皇賞(秋) :ミッキーロケット 0点
エリザベス女王杯 :ミッキーチャーム 未出走
マイルチャンピオンシップ :?
ジャパンカップ :?
チャンピオンズC :?
阪神ジュベナイルフィリーズ :?
朝日杯フューチュリティS :?
有馬記念 :?
ホープフルS : ?

もう既に終わっています・・・^^汗
今週のエリ女は、予想している馬が出走しない為、結果0点です。
馬券での本チャンの予想は、◎5番レッドジェノヴァ
馬単5-2.7.8.9.12.13.16 マルチ
三連複5-8.13-2.7.8.12.13.16 トリガミ嫌だなぁ・・・^^汗 ハズレはもっと嫌だけど。

11/10 福島・2歳未勝利(ダ1700m)西田雄一郎騎手で挑んだサゼラックは最下位の14着でした・・・。

馬体重は、前走のかなりの太め感からマイナス4kg…まだまだ絞り足りない印象でした。
スタート直後も行きっぷりは良くなく、向こう正面で最後尾になり、
3コーナー手前では既に鞭が入っていました。
あとはどんどん離されるだけ離され、結果、勝ち馬ビルジキールから6秒7差の大差負け。T.Oかな。

感想としては、現時点ではJRAでは厳しい感じですね。
おそらく一旦、今後についての話し合いがあるかも知れません。

オルダージュ
今週はコースでの乗り込みを重ね、右回り、左回りと、バランスがとれるように、日によってコースを
変えて調整している。どちらでも、手前替えが上手に出来るようになることも目的としている。
この週末、来週と時計を消化して、態勢は整うと見ている。美浦トレセン

ホーリーライン
角馬場で長めのダクと本馬場でキャンター1600mを1セット(20秒ペース)のメニューで調整中。
馬体増を促す意味で調教進度は求めず、量をしっかり消化させ、ジックリ乗り込んでいる。
入場当初から比べ、40kg近く増えており、馬はだいぶ変わった印象。11/10の検疫で入厩の予定だが、
及第点を与えられる仕上がりで、トレセンの本格的な調教に、問題なく移行できるはず。
松風馬事センター 459kg

ガルラバン
馬場1周と坂路2本(上限18秒ペース)のメニューで調整中。今週から坂路メインの調教へ移行し、
入厩に向けた調整を行う。馬体重は増えているが、休まず乗り込めていることで、体は徐々に
引き締まってきた。ハロン18秒を目処に進め、それ以上のペースにも対応できそうなので、ここから
どんどんペースを上げていく。まだ体は絞れる余地もあり、負荷を強めてどう変わってくるか楽しみ。
ノルマンディーファーム小野町 549kg
(ノルマンディーオーナーズクラブより引用)

スカイファルコン
先週から今週にかけ、火曜日、4F 60、他の日、17/F程度のキャンター2400mで調整中。
体調は回復しており、今後しっかり乗り込んで調整を進めて行く。リバティホースナヴィゲイト
(ワラウカドより引用)

オルダージュは次走に向け、万全な態勢で臨む構え。ホーリーラインは、馬体は出来上がってきたが、
強めの調教は出来ていないので、そこがどう出るか?

ガルラバンもいよいよ本格的な調教へステップアップ。自身の為にも、体は絞って負担を減らしたい。
スカイファルコンは、詳細不明も、15/Fは出来ているようなので、そろそろ厩舎の指示が出る頃か?

サゼラック
11/10 福島・2歳未勝利(ダ1700m)西田雄一郎騎手 出走予定
11/7、坂路コースで4ハロンから0.1秒先行して併せ、55.5-41.1-27.4-14.2を一杯。先週同様、しっかり
追い切り、馬場も重めで時計も掛かっているが、動きそのものは先週と比べ、確実に良化している。
本番での変わり身が期待できそうで、デビュー戦を使ったことによる上積みもあるはず。
鞍上の西田騎手も、最後までしっかりとやってくれるはずで、前進を期待している。美浦トレセン
(ノルマンディーオーナーズクラブより引用)

クワイエットクワイエット
厩舎にて調整中。この中間、坂路コース中心に乗り
込まれ、11/8に追い切る。デビューに向け、坂路で
調整を進めている。あまり飼葉を食べないのは相変わ
らずで、以前と同じだけは食べている。自分の必要な
分だけ食べる感じで、今の状況でよいかもしれない。
デビューは京都の最終週か阪神の前半になる予定。
現状ではダートより芝向きの印象。
【調教時計】11/8 助手騎乗 栗東坂路コース 良馬場
4F 53.7 39.5 26.5 13.3 一杯
(YGGオーナーズクラブより引用)

サゼラックは除外なく、無事出走(予定)となりました。前走の大敗から稽古を付け、馬自身、だいぶ
変わってきたようです。まだ調教時計は良くありませんが、本番でどう変わるか?見守りたいです。

クワイエットも今月末か、来月初めのデビューを目標に、仕上げの段階に入っています。飼い葉食いが
細いので、無理が出来ないようですが、このまま無事に進めていって欲しいです。

yggグリームロータス
ヤナガワステーブルにて放牧中。ウォーキングマシン運動、
ダク1600m、1ハロン18~23秒のキャンター3200mの
メニューを消化。獣医の診断では、特に治療が必要なところは
なく、いつも通りのペースで乗り込んでいる。ゲート練習などで
刺激を与え、トモがパンとしてくるのを待ちたい。
負荷を掛け過ぎず、鍛えていく。

スイーツビュッフェ
ヤナガワステーブルにて放牧中。ウォーキングマシン運動、ダク1600m、1ハロン18秒程度の
キャンター3200mのメニューを消化。飛節の状態に不安はなく、帰厩を意識して乗り込んでいる。
具体的なスケジュールは未定だが、いつ移動しても問題ない状態まで、すぐにもっていけそう。
今後はトレセンで追い切り、レースに向かう流れになるので、しっかり調整して送り出したい。
(YGGオーナーズクラブより引用)

ここ数週間は、怪我や疲れの為、2頭ともあまり進展のないコメントでしたが、
スイーツビュッフェは、そろそろ入厩か?といったところまで来ているようです。
やはり、まだ勝利の無いYGG2歳馬のリーサルウェポンはこの馬なのか?と、
首を長くして待っています。

ワラウカド先週と今週、土、火は3F42程度の大きめのキャンターで調整。
土曜日に軽度の疝痛があり、念のため補液治療を行う。処置後、
回復しており問題はない。今月中の入厩に向け、体力強化に努めて
いく。(ワラウカドより引用)

おそらく、リバティホースナヴィゲイトにいると思いますが、
記載なし…。コメントも、だんだん簡素で雑になってきたなと
感じます。放牧先ではまだ馬の状態のこともあり、調整程度しか
出来ませんが、何せ簡素なコメントなので、順調なのかどうかも
良く分かりません…。折角会員さん達は、ルヴォルグ勝利ムードで盛り上がっているのに、
クラブは相変わらずこんな調子なので、ため息が出ます。

このページのトップヘ