おきらくごくらく日記

一口馬主のノルマンディーオーナーズクラブ、ワラウカド、YGGオーナーズクラブの会員です。 主に出資馬のことについてつぶやきたいと思います。

ygg中川厩舎にて調整中。南坂路コース中心に時計にならないところで
乗り込まれ、併せてゲート練習をしています。
入厩後、環境の変化に戸惑ったのか、数日は飼葉喰いが
細かったが、今は問題なくたいらげています。ゲート練習では、
扉の開閉に対応できていない様子ですが、徐々に良くなって
いるので、来週には試験を受けられるだろうということです。
(YGGオーナーズクラブより引用)

私が思うに、牝馬の方がゲート入りが苦手なんじゃないか?
と思います。少なくとも私の出資馬は、牝馬の方がゲート入りは苦手のようです^^汗
飼い葉食いが戻り、順調に来ていますので、先が楽しみです^^


yggグリームロータス
栗山牧場内・ヤナガワステーブルにて放牧中。ウォーキングマシン
運動、ダク1600m、1ハロン23秒程度のキャンター3200mのメニューを消化。騎乗運動を開始してから反動が出たりすることはなく、少しずつ距離を延ばすように乗り込みを進めている。
改めてゲート試験を受けられる状態に向けて、トモの状態を
見ながらピッチを上げていきたいとのこと。

クワイエット
日高グリーンマイルトレーニングセンターにて育成中。ウォーキングマシン運動、ダク800m、
1ハロン20秒程度のキャンター2400m、坂路コースで1ハロン15~18秒のキャンター1本の
メニューを消化。この中間、左トモにいくらか疲れが見られたが、治療をして数日ペースを落とした
ことで改善されてきている。普段から15-15をこなしているので、負荷が掛かっているのでは?
と思われる。ここではこれ以上の強い調教は行なわないが、移動の日まで上手く負荷を調整して
乗り込んでいき、10月上旬あたりの移動を目標に、スケジュール等を調整しているとのこと。
(YGGオーナーズクラブより引用)

グリームロータスは笹針治療後、徐々に乗り込みを開始。再入厩、ゲート試験をまずは目標に、
ピッチを上げているとのことです。

クワイエットは、トモに疲れは出ているようですが、順調に調教が出来ており、
来月上旬の関西移動を目標に進めています。

リトルビスケットの17 67 1位  1520万円 40口
シュヴァリエの17 62 2位 牡 1800万円
オメガフレグランスの17 60 3位 牡 1200万円
デアリングバードの17 57 4位  1760万円
マルデデルマの17 56 5位  1360万円
ストックの17 53 6位 牡 1640万円
ヤマノラヴの17 52 7位 牡 2400万円 40口
ハッピーダイアリーの17 49 8位 牡 1480万円
キョウエイハツラツの17 48 9位  1560万円
ショウナンハトバの17 48 9位 牡 1120万円
トーセンフォーユーの17 48 9位  1120万円
クイーンナイサーの17 46 12位 牡 2160万円
ミネルバサウンドの17 40 13位 牡 2480万円
ニューコローラの17 35 14位  960万円
ペッシュドールの17 34 15位 牡 1440万円
ホクセツダンスの17 33 16位  2200万円
レットイットスノーの17 31 17位 牡 920万円
タニノジュレップの17 28 18位  920万円
キョウエイアンの17 27 19位 牡 1000万円
フサイチジェットの17 23 20位  1720万円
ラインレジーナの17 23 20位  960万円
コーラルグリッタの17 22 22位  840万円
チェアユーアップの17 21 23位 牡 1160万円
アンプリエールの17 18 24位 牡 920万円
ヴイプラドの17 15 25位 牡 880万円 100口
キタノシラユリの17 14 26位 
 880万円
(ネット競馬 お気に入り数より順位付け 9/17 19:00現在)

ゴールドシップ産駒の芦毛牝馬、リトルビスケットの17が人気していますね。
口数、募集価格は後から発表されたので、他の馬との比較が微妙なところですが、
同じゴルシ産駒の芦毛牝馬、トーセンフォーユーの17とは19票の差があります。

シュバリエの17、オメガフレグランスの17も、やはり人気ありそうです。
オメガフレグランス仔は募集価格がリーズナブルで、私も検討対象でしたが、微妙な線となりました。
ここまで全て岡田スタッド産。

4~7位はいずれもセール馬。ヤマノラヴの17は、募集価格がNOCでは高額なので、
40口募集もあってか、まさかの7位。クロフネ産駒の芦毛牝馬、マルデデルマの17が
結構順位が上の5位。あと、私の検討対象の募集馬であるショウナンハトバの17と、
トーセンフォーユーの17は、3頭同順位の9位。これも抽選確実な感じですね・・・。

そして、私が1番狙っているアンプリエールの17は、今のところほとんど人気が無い24位。
馬体もセールの写真で公表されているので、このまま人気は上がらないかと思います。
様子見しても良さげな感じです^^汗
地方所属が決まっている、100口募集のヴイプラドの17は25位。人気は無くも満口でしょうね。

ノルマンディーオルダージュ
時計こそ出していないが、ゲート試験合格後も順調に乗り込んで
いる。13日に15-15程度を行い、動きや手応えは悪くなく、
入厩後初の本格的な調教だったことを考えれば、上々だった
のではないか。少し怖がりな面があるが、この馬の場合、他馬を
怖がる訳ではなく、逆に馬がいると頼って走るような面が
見受けられる。その辺がレースにどう作用するかは分からないが、トレセンでの調教に慣れてくれば問題ないはず。デビュー戦に
ついては、もう何本か追い切りを重ねてから考えるとのこと。
美浦トレセン(ノルマンディーオーナーズクラブより引用)

サゼラック
西山牧場阿見分場で順調に調整され、8日に帰厩。12日に坂路コースで、4ハロン58.5-43.6-29.5-15.1を
単走で馬ナリに追い切る。水曜日の稽古では、まだ動きに緩慢さがあるものの、追い切り後もソエの
心配はない。今後も順調に進められそうなことから、あと何本か追い切ってデビューさせたいと
考えている。今のところ4回東京開催(10/6~)での出走を目標に進めているが、どの番組に使うかは
もう少し調教を重ね、適性をある程度掴んでから決めたいとのこと。美浦トレセン
(ノルマンディーオーナーズクラブより引用)

ホーリーライン
現在は馬場1周と坂路2本を18秒ペース(週1回は15秒ペース)のメニューで調整しています。先週に
引き続き、追い切りは週に1回おこない、乗り込み量を確保しながら筋肉量の増加を図っています。
坂路では併走馬より前に出ようという気持ちが全面に出ており、騎乗担当者も手応えの良さを感じて
いる様子。同じエイシンフラッシュ産駒のレイヴンキング同様、筋肉がついてくるまでに少し時間は
掛かりそうですが、ここまで順調なことから、9月下旬頃には入厩できるよう更に鍛えていく
考えです。ノルマンディーファーム小野町 422kg(ノルマンディーオーナーズクラブより転載)

ガルラバン
現在は馬場3周と坂路2本(上限20秒ペース)のメニューで調整しています。トレッドミルで調整を
進めても脚元に問題は見られなかったため、この中間より騎乗を再開しました。休んでいた分、馬体が
緩んでいるので、筋力強化も図りつつ、長めをジックリと乗られています。だいぶ暑さは和らいで
きましたが、毎日たくさんの汗を掻いていますし、これから徐々にお腹回りが絞れてくるでしょう。
引き続き小野町への移動を視野に入れながら進めていきます。ノルマンディーファーム
(ノルマンディーオーナーズクラブより転載)

オルダージュ、サゼラックが、デビューに向けて追い切りをこなしています。
問題なければ、勝ち負けは関係なく、レースに使っていくと思います。

ホーリーラインは、今月下旬入厩を目標に調整しています。
馬体重がなかなか増えてこないですが、馬自体順調ですので、入厩が楽しみです。

ガルラバンは、まだまだ絞らなければなりません。
今は小野町への移動を目標に、急ピッチで調整しています。

ワラウカド移動してきたときより、両腰の筋痛が強く出ており、
左前の腱疲労もあって、治療とケアおこない、現在は、多少良く
なってきている。その後はトレッドミルにて、軽いキャンター
2000mで調整中。来週より騎乗を始める予定。
リバティホースナヴィゲイト 馬体重458kg
(ワラウカドより引用)

今までの疲労蓄積が、今になってコメントに出てきましたね。
表に出てこないし、強い調教後も回復が早いとか嬉しいコメントを
くれるので、本当にタフな馬だなと感心していましたが、やはり馬は生き物、疲れはあるのが当然です。
まずは、回復に専念し、美浦トレセンに万全の状態で帰厩してもらいたいです。

募集馬名 父(母父)性 毛色 生年月日
アンプリエールの17 ショウナンカンプ (バゴ)牡 鹿 17.6.20 サマーセール4,644,000 920万円 400口
ヴイプラドの17 タイムパラドックス (El Prado)牡 鹿 17.1.26 880万円 100口
オメガフレグランスの17 アイルハヴアナザー (ゴールドアリュール)牡 栗 17.6.08 1200万円 400口
キタノシラユリの17 エイシンフラッシュ (ダンスインザダーク) 黒鹿 17.3.23 880万円 400口
キョウエイアンの17 ヴァンセンヌ (フォーティナイナー)牡 鹿 17.1.26 1000万円 400口 
キョウエイハツラツの17 ジャスタウェイ (オペラハウス) 芦 17.2.10 1560万円 400口
クイーンナイサーの17 トーセンホマレボシ (フォーティナイナー)牡 青鹿 17.3.25 セレクション14,000,000 2160万円 400口
コーラルグリッタの17 メイショウボーラー (ゼンノロブロイ) 栗 17.2.07 サマーセール4,212,000 840万円 400口
シュヴァリエの17 スクリーンヒーロー (フレンチデピュティ)牡 栗 17.4.14 1800万円 400口
ショウナンハトバの17 モンテロッソ (フジキセキ)牡 青鹿 17.3.25 サマーセール6,048,000 1120万円 400口
ストックの17 ブラックタイド (キングカメハメハ)牡 黒鹿 17.4.26 セレクション10,500,000 1640万円 400口
タニノジュレップの17 トーセンラー (コロナドズクエスト) 鹿 17.5.21 920万円 400口
チェアユーアップの17 マツリダゴッホ (エアジハード)牡 栗 17.4.23 1160万円 400口
デアリングバードの17 エピファネイア (キングカメハメハ) 青鹿 17.4.15 セレクト12,000,000 1760万円 400口
トーセンフォーユーの17 ゴールドシップ (トニービン) 芦 17.4.15 1120万円 400口
ニューコローラの17 ディープブリランテ (New Approach) 栗 17.5.03 サマーセール5,616,000 960万円 400口
ハッピーダイアリーの17 ハービンジャー (アグネスタキオン)牡 鹿 17.4.09 セレクト主取 1480万円 400口
フサイチジェットの17 スマートファルコン (Gilded Time) 鹿 17.3.24 1720万円 400口
ペッシュドールの17 アグネスデジタル (キングカメハメハ)牡 鹿 17.3.17 サマーセール7,236,000 1440万円 400口
ホクセツダンスの17 キングカメハメハ (アグネスデジタル) 栗 17.4.14 2017セレクト16,200,000 2200万円 400口
マルデデルマの17 クロフネ (ワイルドラッシュ) 芦 17.3.27 サマーセール8,640,000 1360万円 400口
ミネルバサウンドの17 ダイワメジャー (ブライアンズタイム)牡 栗 17.2.19 セレクト16,000,000 2480万円 400口
ヤマノラヴの17 スクリーンヒーロー (アグネスデジタル)牡 栗 17.5.24 サマーセール16,200,000 2400万円 40口
ラインレジーナの17 マツリダゴッホ (サクラバクシンオー) 栗 17.4.14 960万円 400口
リトルビスケットの17 ゴールドシップ (タニノギムレット) 芦 17.3.15 1520万円 40口
レットイットスノーの17 アイルハヴアナザー (ハーツクライ)牡 鹿 17.4.12 920万円 400口

価格と口数が発表になりました。小出しなので、厩舎や測尺はまだ不明ですが、
価格と口数だけでも私的に消しな馬が決まってしまいました。

ヤマノラヴの17は400口で関東馬だったら検討もありでしたが、さすがに40口募集ではお手上げ。
同様にリトルビスケットの17もアウトです。
ショウナンハトバの17は落札価格より500万円アップと、私的に検討出来る範囲にあります。
アンプリエールの17は1000万円切っているので、更に早割10%オフ期間内で、
うれしい価格になります^^汗

ygg12日に中川公成厩舎に入厩。当初、7日頃に入厩の予定でしたが、6日に発生した地震の影響で少し遅れました。長距離輸送の後で、
飼葉喰いがやや細いが、早速、角馬場で乗り慣らしを開始。
しばらくは坂路とゲート練習が中心になるとのこと。
(YGGオーナーズクラブより引用)

昨日の入厩ですが、早くも乗り慣らしているようです。
目標は東京開催でデビューでしょうか、順調に進めていけるよう
応援したいですね^^


ワラウカドレース後の馬体は問題ないとのこと。今後、一旦短期放牧に出す
ことが決まり、11日にリバティーホースナヴィゲイトに
移動しています。状態を見ながら帰厩時期を検討して
いきたいとのこと。(ワラウカドより引用)

一旦短期放牧に出すということで、レースを使い続けるより、
その方が変り身があると想定しているからでしょうか。

リバティーホースナヴィゲイトは美浦トレセンから近いので、
そんなに長い滞在ではないと思いますが、これでスカイがガラッと変われるかどうかは微妙なところ。
ただ、レース直前まで強めの仕上げをしてきているので、短期間のリフレッシュ効果は期待したいです。
レース結果は気性面の影響もあるようなので、精神面にプラスになれば・・・と思います。

yggグリームロータス
栗山牧場内・ヤナガワステーブルにて放牧中。
ウォーキングマシン運動、ダク1600m、1ハロン23秒程度の
キャンター1600mのメニューを消化。笹針治療から数日後、
マシン運動を開始、今週から騎乗運動を開始している。
まだトモに疲れはあるが、徐々に良くなると思う。
トモが良くなればしっかり走れると思う。焦らずじっくり
力を付けていきたい。(YGGオーナーズクラブより引用)

ロータスは笹針後は順調に来ているようです。先日行われた、ヤナガワステーブルの見学会では、
普段見慣れない雰囲気に、馬に落ち着きがなかったようで、まだまだ幼さを見せていた模様。
まあ、順調に再入厩に向けて進めて欲しいです。

スイーツビュッフェ
12日に美浦・中川公成厩舎に入厩しました。
(YGGオーナーズクラブより転載)

いよいよ真打が入厩しました!^^
私の出資馬の中ではエース候補なので、これからゲート試験合格に向けて頑張って欲しいです。

本日、中山4R2歳新馬戦(ダート1800m)に出走したスカイファルコンは7着でした。
http://race.netkeiba.com/?pid=race&id=c201806040204&mode=top

圧勝したガルヴィハーラにはアッパレをあげたいですね。
血統も価格も馬体も全てに、スカイが勝る要素がありません・・・。
このレース、この馬だけは別格でした。

しかし、スカイにも見所はありました。私はウインズでレースを観戦しましたが、
パドックの周回では、ワラウカドのHPの見慣れた歩様動画のように、堂々とした歩様でした。
パドック解説では皮膚が柔らかくない…のようなコメントが聞こえたような?固く見えるのかな?
馬体は全然ガレていませんでしたね。

レースは、そこそこ良いスタートで、3コーナーあたりまで4番手追走で頑張っていました。
そこから鞭も使って追い出し、直線に入り少し伸びを見せましたが、残り1Fぐらいで失速・・・。
調教師が言っていることは、このことなんだとすぐに分かりましたね。瞬時の二の足がない。
しかし、そこまで悲観するような負け方ではなく、問題なく使っていけば上積みはあると思います。

スカイの良いところは、吉澤ステーブルでは、強い調教後もケロッとしていて、反動が少ないこと。
中山ではもう1戦使って、レースで経験を積んで走りを学べればと思っています。

このページのトップヘ