おきらくごくらく日記

一口馬主のノルマンディーオーナーズクラブ、ワラウカド、YGGオーナーズクラブの会員です。 主に出資馬のことについてつぶやきたいと思います。

ノルマンディー21日、ゲート試験に無事合格し、
22日、西山牧場阿見分場に調整のため移動しました。
まだトモに力が付ききっていないため
出はモッサリしていましたが、二回とも入りました。
駐立と問題なく、ダッシュの一、二冠歩目は
よっこいしょといった感じで出ましたが、
その後真っすぐ走って無事合格しました。
しかし、調教の動きを見ると、全体的に緩さが感じられ、
デビューまで少し時間が掛かりそうなことから、
一度外厩に出して再度乗り込んでもらうことにしました。
本日、西山牧場阿見分場へ移動させています。
(ノルマンディーオーナーズクラブより引用)

ゲート試験は問題ないと思っていましたが、無事昨日合格したようです^^
ただし、デビューにはまだ時期尚早で、特にトモにまだ力強さがなく、
しばらくは体力づくりを中心とした調整になると思われます。
おそらくここからが長いんでしょうね・・・。まあ、焦らず待つしかありませんね。

ワラウカド今週は水曜に坂路13/Fを行い、
他の日は経験を積ませるために様々なコースを使った
メニューに取り組みました。
並行でゲート試験の練習も行っていますが
ゲートの出も良く、
合格出来るレベルの手応えを感じているとの報告です。
加藤調教師より、7月3週目に函館での入厩を前提に
進めて行く予定で指示が来ておりますので、
その目標に向けて調整を進めて行きます。
入厩準備が完了次第、募集は終了となります。
(ワラウカドより転載)

やっと入厩の指示が、加藤調教師の方から出てきたようです。まだまだ1か月弱ありますね。
早めの「可能性」告知だったので、募集終了間際の出資を急かした感が否めませんが^^;、
今度は本当に本当のようですね^^まだゲート試験などもあるので、
入厩=すぐデビューとはいかないでしょうが、楽しみが間近に迫り、その日が来るのが待ち遠しいです。

先日ワラウカドで、2017年産の新規募集馬のリストの一部?が発表されましたが、
YGGOCでも既に3頭の新規募集馬の動画がアップされました。

・タートルボウルの牡馬
動画の馬を引いている女性のジャンバーに、サンバマウテンファームとプリントされていたので、
そこの牧場の生産馬かと思いましたが、調べてみるとタートルボウル産駒がいない・・・。
この牧場は3歳馬のバーディバーディ産駒牝馬、オルオルの生産牧場なので、
データにはありませんが、関係があるのでは・・・?と推測しています。

・ゴールドシップの牡馬
いろいろ調べていたら、某牧場の某繁殖牝馬の仔と分かりました。
荻伏レーシング・クラブ時代のクラブ馬(未勝利馬)の産駒のようです。
そんな所縁があるので、そこまで高額募集にならないと見ていますが・・・。

・ケープブランコの牝馬
母系がスカーレット一族というヒントで調べてすぐ分かりました。
私が毎年1頭は欲しいと思っている牧場の産駒なので、この仔は出資対象馬になるかも知れません。
しかし、フランケルと同じガリレオを父に持つケープブランコですが、産駒の成績は不振・・・。
ケープブランコは全く知らないし、何せ思い入れがない・・・。
どうなるかは分かりません^^

この3頭の中ならゴールドシップ牡馬が欲しいですね^^
しかし予算的に出資出来るか分かりません。一括募集だったら出資しませんが・・・。

スイーツビュッフェ(サイモンドルチェの2016)
ygg北海道・日高のファンタストクラブにて育成中です。
引き続き、ウォーキングマシン運動、ダク800m、
1ハロン20秒程度のキャンター1600m、
週1回坂路コースで1ハロン15秒程度のキャンター1本の
メニューを消化しています。
牧場では「この中間も週に1回の15-15を中心に
乗り込みを行っています。
ラストは変わらずハロン13秒くらいまで加速していて、
ピッチ走法の良い走りを見せてくれていますよ。
馬体をスッキリ見せて状態は良さそうなので、このペースを継続しながら、
全体的に底上げするようなイメージで鍛えていきたいですね」と話しています。
なお、このたび本馬の競走馬名が「スイーツビュッフェ」に決定いたしました。
(YGGオーナーズクラブより転載)

特に大きな変化は無いようです。終いも13秒くらいの時計が出ていて、スピードも出ています。
デビュー目標はまだまだ先なので、当分じっくり余裕のある調整ですね。

グリームロータス(メイケイソフィアの2016)
美浦トレセン近郊の栗山牧場内・ヤナガワステーブルにて育成中です。
ウォーキングマシン運動、ダク1600m、1ハロン15~22秒のキャンター3200mの
メニューを消化しています。牧場では「右トモの疲れは日を追うごとに改善されて、
この中間には15-15の調教を再開するところまで戻ってきました。
まだ強めを1本やっただけですが、前回は2本目を行った後で疲れが出たので
今週の15-15の調教後の状態に注意したいですね。その後も15-15を継続できるようだと、
入厩が見えてくるのではないでしょうか」と話しています。
なお、このたび本馬の競走馬名が「グリームロータス」に決定いたしました。
(YGGオーナーズクラブより転載)

入厩の文字がありましたね。ただし、15-15の調教が継続して出来るかが基準ですね。
最近の攻め馬の動画がアップされないので、どんな感じなのか分かりませんが、
15-15の調教が1本でも出来ているので、終いも13秒ぐらい出せているか?どうかですね。

クワイエット(スパイクラベンダーの2016)
北海道・日高のグリーンマイルトレーニングセンターにて育成中です。
ウォーキングマシン運動を消化しています。牧場では「この中間、15-15までペースを上げて
強めの調教を課していたのですが、18日になり少しソエが出てきました。
そのため獣医に焼烙治療を行ってもらい、現在はマシン運動と放牧で楽をさせています。
若馬にはよくある症状なのでそこまで心配はいらないと思いますし、
治療が終わった月末頃からはまた騎乗運動が再開できると思います。
この間にまた大きくなってくれると良いですね」と話しています。
なお、このたび本馬の競走馬名が「クワイエット」に決定いたしました。
(YGGオーナーズクラブより転載)

深管が良くなり、強めの調教を少しづつ開始した矢先に、今度は軽いソエを発症。
若駒のソエなので問題なしでしょうが、なかなか順調に進みませんね。
まあ、少し楽をさせて馬体をアップし、強い調教に向けて欲しいですね。

前回の続きの其の2になります。私的な感想なので、適性やデビュー時期はあてになりませんので^^
後半の今回は、会員数が少ないと思う?少数精鋭のYGGオーナーズクラブの出資馬が中心となります。

ガルラバン(エーシンヘラの16)
父ヴィクトワールピサ 母父Montjeu
牡 鹿 3/31 1040万円 浦河・栄進牧場
美浦・小西一男厩舎予定
ノルマンディーオーナーズクラブ

現在はノルマンディーファームで育成中です。まだまだ体力も、脚力も力が足りないようで、
皮膚病も出たことから、強めの調教は控えています。シェイプアップと脚力強化を念頭に調整中です。
適性は芝、ダート、どちらが良いか分かりません。
距離は大型馬なので、短距離~マイルが合っていると思いますが、どうでしょう?
デビューは年内、もしくは来年・・・遅い感じがしますね。

スイーツビュッフェ(サイモンドルチェの2016)
父ゴールドアリュール 母父ジャングルポケット
牝 鹿 2/12 1400万円 日高・ヤナガワ牧場
美浦・中川公成厩舎予定
YGGオーナーズクラブ

現在は日高のファンタストクラブにて育成中。15/Fの坂路調教もしていますが、1本に留めています。
適性がダートの中距離くらいと読んでいるので、レースプログラムのある時期までは、
攻め過ぎた調教はあえてしていないようです。秋以降の入厩だと思います。
たくさんのPOG本に写真付きで紹介されています^^


グリームロータス(メイケイソフィアの2016)
父ストーミングホーム 母父キングカメハメハ
牝 黒鹿 4/15 無料 浦河・浦河小林牧場
美浦・根本康広厩舎予定
YGGオーナーズクラブ

現在は美浦トレセン近郊の栗山牧場内・ヤナガワステーブルにて育成中です。
15‐15の強めの調教を行うと、その後蓄積した疲労による筋肉痛のような症状が見られました。
まだ筋力が足りず、体が追い付いていないようです。入厩もまだまだ先だと思います。
適性は短距離。馬体重が乏しいので、芝が良いと思います。


クワイエット(スパイクラベンダーの2016)
父ローレルゲレイロ 母父Henrythenavigator
牝 黒鹿 3/21 無料 新冠・佐藤牧場
栗東・服部利之厩舎予定
YGGオーナーズクラブ

現在は日高のグリーンマイルトレーニングセンターにて育成中です。
良化中の深管の状況を見ながらですが、獣医は問題なしと、馬は脚元を気にする素振りもないので、
少しペースを上げての調教をしています。最新動画ではスピードある良い走りをしていました。
適性は父譲りの短距離で、馬体の大きさから芝が良いと思いますが、血統からダートも面白そうです。
秋頃のデビューを目標にいけたらと思います。

さすがにこれ以上、2016年産の出資馬は増えない(増やさない)ので、
その精鋭たち8頭を今更ながら紹介します^^

オルダージュ(カリオンレディの16)
父タイキシャトル 母父キングカメハメハ
牡 黒鹿 4/3 960万円 浦河・大道牧場
美浦・青木孝文厩舎予定
ノルマンディーオーナーズクラブ

半兄のカワキタロマンは、ダートよりも芝の短距離に適性がありそうですが、
オルダージュはまだ、ダートか芝か、適性は分からないですね。短距離馬とは言われていますが。
今はまだ、ノルマンディーファームで育成中です。
骨瘤の状況を見ながらの状況で、デビューは年内には・・・?といった感じでしょうか。


サゼラック(キリーンガールの16)
父タニノギムレット 母父Cozzene
牡 鹿 3/9 840万円 新ひだか・森政巳
美浦・上原博之厩舎
ノルマンディーオーナーズクラブ


適性はパワフルな前駆の使い方と首の太さなどから、ダートの短距離と言われています。
すでに先日入厩しています。ゲート試験に合格すれば、デビューも早いと思われます。


ホーリーライン(レイラインの16)
父エイシンフラッシュ 母父サンデーサイレンス
牝 青鹿 3/31 920万円 新冠・スカイビーチステーブル
美浦・矢野英一厩舎予定
ノルマンディーオーナーズクラブ


現在はまだノルマンディーファームで育成中です。
体重が増え、徐々にそのペースも上がっています。小野町へ移動の話も近いと思われます。
適性は芝のマイル~中距離が理想ですが、まだ先の話になりそうです。
秋には入厩といきたいですが、年内以内には・・・と遅くなるかも知れません。


スカイファルコン(ミラクルプリンセスの2016)
父スマートファルコン 母父タイキシャトル
牡 栗 4/21 1200万円 新冠・パカパカファーム
美浦・加藤征弘厩舎予定
ワラウカド

函館で入厩という、突然の「可能性」の話が出てきました^^
順調であれば、このまま話が進むと思っています。
適性は芝という話もありましたが、ダートの方が良さそう。芝も全くダメではないと思います。
短距離~マイル戦が多くなると思いますが、中距離まで延びれば・・・と思います。

ノルマンディートレセン近郊の西山牧場阿見分場で
調整されていたサゼラックでしたが、
6/15に美浦・上原博之厩舎に入厩しました。

まだ来たばっかりで、
環境変化に多少の戸惑いがありますが、
すぐ慣れるだろうとのこと。
週明けから西山牧場でも合格のお墨付きをいただいた、
ゲート練習をメインに進めていくとのことです。
(ノルマンディーオーナーズクラブより引用)

再び一口馬主のオーナーになって、初の入厩馬です^^
ノルマンディーOCに入会したのも、改めて一口馬主を始めたきっかけを作ったのも
サゼラックが大きく関係しています。
ただ、入厩の先にあるデビューが今は最大の楽しみです。
もちろん勝利すれば感無量ですけど、まずは無事にそこそこの走りをしてくれたらと、
まだまだ少し先の話ですが、思っております。

オージーカンパニーの2017
エスポワールシチー 牡 栗毛 (美)加藤征弘
重賞馬を数多く輩出する堅実な母系。姪ウインソワレ号 ファンタ ジーS (G3) 3着 兄ヒシオフェンス号 春望S勝ち馬など


オールアイキャンセイイズワウの2017
キズナ 牡 鹿毛 (栗)矢作芳人
母は米デルマーマイルH(G2)2着など重賞入着6回、愛・米 3勝 キズナ初年度産駒


キトゥンカブードルの2017
ディープインパクト 牝 黒鹿毛(栗)藤原英昭
母は2歳で米ジェサミンS(G3) 優勝、重賞入着1回の活躍馬


スウィートアンドフローレスの2017
オルフェーヴル 牝 黒鹿毛(栗)鮫島一歩
母は米アーリントンオークス(G3)2着など重賞入着6回、米1勝

セルフプリザヴェーションの2017
スクリーンヒーロー 牝 栗毛(美)藤沢和雄
母は米デルマーデビュタントS(G1)2着など重賞入着4回、愛・米2 勝 半兄はシャルドネゴールド 京都新聞杯(G2)3着


ナンの2017
ゴールドシップ 牝 芦毛 (美)国枝栄
母は米デルマーオークス(G1)2着など重賞入着6回、米1勝 ゴールドシップ初年度産駒

リズムオブライトの2017
ディープインパクト 牡 鹿毛 (栗)池江泰寿
母は米ゴルディコヴァS(G2)を含むG2 2勝、重賞入着3回の活躍馬


(ワラウカドより転載)

?があるので、募集馬の追加の可能性もあるってことでしょうね。
私にしては、このラインナップでは、オージーカンパニーの2017しか触手が伸びません・・・。
安馬の牡馬で、馬体写真と歩様動画が良く見える馬・・・
以上がワラウカドでの出資条件なので、
写真や動画は字面では分かりませんが、
ユリカチャンの2017(父パイロ)もラインナップに入れて欲しいで
す。

グラス坂路4頭併せ馬今週は坂路1本13/F前半で
調教を行いました。
函館に直接入厩の可能性が
あることから、
もう一段詰め込んだ強めの
調教を行っていきます。
同時に体調管理にも
気を付けて
コンディションを
落とさないように
進めていきます。
(ワラウカドより転載)

いきなりの入厩予告の可能性ですね^^
今週は強めの調教を行っているようで、
スカイファルコンならではの、タフさが必要とされる週だったようです。
このコメントが、可能性ではなく、確実なものになって欲しいですね^^

ノルマンディーオルダージュ
現在は馬場2周と坂路2本(上限18秒ペース)の
メニューで調整しています。
左前の骨瘤は触診による反応や熱感もなく、
見た目にも治まっていますが、
調教では気にする素振りを見せていることから、
馬場での乗り込み量は増やしたものの、
まだそれほどペースは上げずに
様子見しながら進められています。
ただ、調教後も悪化するようなことはなく、小康状態といったところ。
もう少しの間は現状メニューで状態を確認しつつ、ジックリ調整していく方針です。
(ノルマンディーオーナーズクラブより転載)

骨瘤は徐々に回復し、調教再開後は乗り込み量だけ増やし、ペース上げは様子見のようです。
まあ、順調に軌道に乗ってくれれば今は良しとしましょう。

サゼラック
コメントなし

ホーリーライン
現在は馬場2周と坂路2本(上限18秒ペース)のメニューで調整しています。
この中間も健康状態に不安はなく少しずつ負荷を強めながら休みなく乗り込んでいます。
体重が増え基礎体力も底上げされてきたことで気持ちに余裕が出始め、
徐々に我慢がきくようになってきました。
この点を踏まえ小野町への移動を視野に入れており、
長距離輸送に備えたコンディション作りを進めていきます。
(ノルマンディーオーナーズクラブより転載)

オルダージュに代わって、ホーリーラインが順調に調教を進めています。
体重が増えたことが大きな収益ですね。増えれば、調教も強めに出来ますし。

ガルラバン
現在は馬場2周と坂路2本(上限20秒ペース)のメニューで調整しています。
この中間は帯径(腹帯を締める箇所)に皮膚病が出たため、
一旦騎乗を控えてウォーキングマシンとトレッドミルでの運動にとどめて様子見しました。
その後、すぐに症状が治まったことから、11日(月)より騎乗を再開。
徐々にペースを戻して進められています。
休む前はハロン15秒台の時計も出し始めていましたが、
最後まで走りきるには体力・脚力ともにまだ乏しい印象。
大きな馬体のシェイプアップと、脚力強化を意識しながら乗り込んでいきます。
(ノルマンディーオーナーズクラブより転載)

大きな馬なので、今はこのぐらいの進捗度でしか乗り込めていませんが、
牧場関係者の間では、そこそこの評判が良い馬。じっくり今は見守ります。

このページのトップヘ